内科で受けることができる治療を知り、適切な治療を受ける為方法

検査が受けられる医療機関を探す

ストレスが及ぶ症状の改善

趣味や生きがいを持っておくことが大切です

更年期障害は閉経を迎えた時期の女性に多くみられる症状になります。 思春期から成熟期と活発に働いてきた卵巣の機能が役割を終えて衰えてきます。 更年期障害の症状は個人差が大きいとされています。 これは社会生活やそれぞれの家庭環境の違いまた栄養状態により変わってくるようです。 ここで大切になるのは、なるべくストレスをなくした生活を送ることが大事です。 疲れやすいことはなるべく避けるようにしたほうが良いでしょう。 更年期障害であっても、何か楽しい趣味に打ち込めていたら症状も軽く感じられることが多いようです。 家族や友達と無理をしない程度にお出掛けするのも良い気分転換になります。 家にひきこもりがちになってしまいますと、更年期障害を悪化させてしまうかもしれません。

食品やサプリメントをうまく取り入れる

更年期障害には取り入れたい食品が多くあります。 特に良いとされるのはナッツ類です。 アーモンドやピーナッツなどはビタミンEがたくさん含まれていますので、ホルモンバランスを正常化させてくれます。 おやつや食事にも取り入れると良いでしょう。 逆におやつで脂質を多く含むとされるケーキなどは控えるようにした方がよいです。 またエストロゲンを含む食品も良いとされています。 これはイソフラボンを含むダイズやダイズ製品に効果があります。 きなこや納豆を取り入れましょう。 更年期障害に多いのぼせの症状や骨密度の減少を防止してくれる働きがあります。 イライラすることが多い方はカルシウムを含むシジミを取り入れると精神が安定されます。