内科で受けることができる治療を知り、適切な治療を受ける為方法

検査が受けられる医療機関を探す

検診で得るメリット

人間ドックで受けられる検査は増えてきています

医療は日々進歩していますが、予防医学においても日々様々な発見がされており我が国においても人間ドック学会などでは、検査項目の追加や修正などが見直されています。そのため、以前よりも検査項目が増えてきている傾向にあり、受診者さんにおいても人間ドックを受けることで、より病気を発見しやすくなってきています。 例えば、胃の検診では以前は胃バリウム検査のみが主流でしたが、最近ではペプシノゲン検査や胃内視鏡検査、ピロリ菌検査なども受けることが可能な施設も増えてきました。また、胃内視鏡検査では状況に応じて、胃生検といって胃の細胞を採取しがん化していないかどうかを明らかにする細胞の検査を追加できるところもあります。このように検査が増えることによって、以前よりも病気を早期に発見できることが可能となってきました。

これまでは個人に対応した検査は少ない傾向にありました

このように受けることができる検査が多様化する一方で、受けたくない検査については変更が可能となり、追加項目によっては不要な検査もでてきます。例えば、バリウムを飲むのが苦手な人は胃内視鏡検査を選択することや、胃の萎縮を血液で調べるというペプシノゲン検査は胃内視鏡検査を受ける場合には不要となってきます。 このように人間ドックは以前のように受ける検査が決まっているのではなく、受ける人によって検査の項目が変わってくる傾向にあります。そのため、個人に合わせた検査の組み合わせというものも可能となってきました。 このように人間ドックにおける検査項目の在り方は日々変わってきていますが、今後も医療の発展に伴い多様化されていくことが予測されています。